児童扶養手当と障害年金の併給調整が見直されます

児童扶養手当法の一部改正により、令和3年3月分から、障害年金等を受給している方の児童扶養手当の算定方法が変更となります。

変更の内容

これまでは、障害年金額が児童扶養手当額を上回る場合には、児童扶養手当を受給することができませんでした。

令和3年3月分の手当から、児童扶養手当額と障害年金の子の加算部分との差額を受給することができるように変更となりました。

手当を受給するための手続き

既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方は、特にお手続きは必要ありません。

まだ、受給資格の認定を受けていない方で、申請を希望される場合は、ご相談ください。

令和3年6月30日までにご申請いただいた方は、令和3年3月分まで遡って受給できます。

令和3年7月以降も申請は受付しておりますが、受給できるのは申請月の翌月分からとなります。

 

リーフレット.pptx(83KB)