秩父市緊急サポート事業

 秩父市では、子育てと仕事の両立しやすい環境を整備することを目的として、平成30年10月から秩父市緊急サポート事業を実施しています。
 ファミリーサポートセンター事業で対応できない、緊急の預かり・病児の預かり・宿泊を伴う預かり等の対応が可能です。

緊急サポート事業って…何?

 急な子どもの預かりや病児の預かり等を希望する利用会員と、お子さんの預かり等を行うサポート会員の会員同士の間で行う子育ての相互援助活動です。

どんなことを援助してくれるの?

1 保護者の体調不良等、緊急的なお子さんの預かりや送迎
2 病児・病後児のお預かり
3 宿泊を伴う預かりや送迎

利用できる日は?

年末年始を除く日(ただし、サポート会員の対応可能な時間帯に限ります)

どこで預かってくれるの?

利用会員宅、サポート会員宅等

 

預かりの費用は?

預かり時間により  
 900円/1時間(8時~19時)

 1,100円/1時間(19時~8時)
 10,000円/1泊(18時~翌日9時)
※預かり終了後、直接利用会員からサポート会員に支払います。

※病児預かり以外で複数のお子さん(兄弟姉妹)を預ける場合、2人目からは半額になります。

※交通費等は別途実費精算となります。

※食事やミルク、オムツ等必要な物は利用会員の負担となります。

 

援助を受けたり、協力するためには会員登録が必要です

会員の条件

【利用会員】(援助を受けたい方)
 秩父市にお住まいで、0歳から小学校6年生までのお子さんを養育している方

 

【サポート会員】(援助したい方)

 心身ともに健康で、子育て援助活動に積極的な方
 (活動に必要な技術を身につけるため、事務局が実施する24時間の講習会の受講が必要です。)
 ※サポート会員の資格の有無は問いません。
 ※入会金・会費等はありません。

利用方法は?

 登録(入会申込)をした上で、お電話にて「緊急サポートセンター埼玉(048-297-2903)」へご連絡ください。(受付時間:7時~20時)

 入会、利用申込方法、その他利用上の注意事項については、緊急サポートセンター埼玉のホームページをご確認ください。

 緊急サポートセンターで行う援助活動は、利用会員とサポート会員の双方の合意によって成立するものです。依頼条件によっては、サポート会員が見つからない場合もあることをご理解ください。

サポート会員を募集しています

 サポート会員として子育ての援助活動を希望される方は、事務局(緊急サポートセンター埼玉)が開催する24時間(4日間)の講習会の受講が必要になります。
 講習会の受講を希望される方は、事務局(緊急サポートセンター埼玉)へお問い合わせください。

 

 令和3年度緊急サポート講習会

 とき ところ   内容
12月6日(月)
9時30分~16時30分

秩父宮記念市民会館2階 会議室2

緊急サポートの活動・新生児の保育と昨今のお母さん事情・サポーター体験談等
12月8日(水)
9時30分~16時30分
子どもの心と発達・子どものお世話(最新の保育グッズ)と遊び
12月13日(月)
9時30分~16時30分
小児の病気と特性・病児の観察とケア・感染予防
12月15日(水)
9時30分~16時30分
子どもの事故と安全管理・応急措置・リスクマネジメント

その他

 会員は、活動中に生じた事故に備え「賠償責任・傷害保険」に加入しています。
 (保険料は緊急サポートセンターにて負担しますので、会員の保険料負担はありません。)

運営事業者(事務局)

 事業者   NPO法人 病児保育を作る会 緊急サポートセンター埼玉
 事務所   川口市東川口4丁目2番20号 プロミネンス2 102
 開設時間  7時~20時
 休業日   12月29日~1月3日
 問合せ   048-297-2903

緊急サポートセンター埼玉ホームページ(外部サイト)